香り、味、コクの“黄金バランス”ブルーマウンテンコーヒー

HOME > What's New > ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日

What's New

2022年03月07日
第4回ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日およびジャマイカ建国60周年記念イベント

2022年1月18日、ジャマイカ大使館にて、2年ぶりにジャマイカブルーマウンテンコーヒーのイベントを行いました。


駐日ジャマイカ大使ショーナ・ケイ・リチャーズ閣下の挨拶。(日英全文)

AJIJC の皆様
CWW Japan様
メディアの皆様

Mi cahfi, mi cahfi, mi cahfi, mi cahfi
Mi bowl a bwiling cahfi in de mornin’
I cares for none o’ these, de only ting for me
Is mi bowl a bwiling cahfi in de mornin’


皆様、特にメディアの皆様を、本日、在京ジャマイカ大使館に暖かくお迎えでき、大変嬉しく思っております!今お聞きいただいたのは、私たちの日常生活でいかにコーヒーが欠かせないかを語っているジャマイカで最も人気のあるフォークソングの一つを歌ってみようという私のささやかな試みでした。ですが、ただのコーヒーではなく、ジャマイカブルーマウンテンコーヒー(JBMC)のことです!

本日、伝説的にラグジュアリーなジャマイカブルーマウンテンコーヒーをご堪能頂きたく、特別に皆様をご招待致しました。このコーヒーは、倫理的に調達され、持続的に収穫され、有機栽培されたものです。

70年近くも、ジャマイカと日本の関係の中心であり続けたこの貴重なジャマイカの商品を祝うため、皆様が参加してくださったことを特に嬉しく感じております。実際、4年前に日本が1月9日を「ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日」に制定したことは、このコーヒーが二国間関係にプラスの影響を与えていることの証しです。

この重要な日の4周年記念を迎えるにあたり、パートナーに感謝申し上げたいと思います。まず、この記念日の制定を提案したジャマイカコーヒー輸入協議会様(AJIJC)に深く感謝しなければなりません。次に、日本におけるジャマイカ観光促進のエンジンであるコネクト・ワールドワイド(CWW)ジャパン様の素晴らしいコラボレーションにも感謝致します。本日の午後、特別なジャマイカコーヒー体験を皆様にご提供する為、どちらも大使館に協力してくださいました。


日本のジャマイカコーヒーへの深い感謝を話すとき、私たちはしばしば「ラブ・アフェア」という言葉を使います。先ほど、AJIJC創立メンバーのお一人である荒木守様から、ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの素晴らしさと日本にとっての重要性についてお言葉がありました。独特の香りと比類のない味わいによって、私たちのコーヒーは日本の皆様の心を温めてきました。しかし、「コーヒーの王様」として伝説的な地位を築けましたのは、AJIJCメンバーの方々の比類なきご支援によるものです。

最も注目すべきは、ジャマイカと日本のコーヒー貿易が単なる経済関係ではないことです。この貿易は、5,000のコーヒー農家と地域への開発パートナーシップでもある為、この点を特に誇りに思っています。実際、過去68年間、日本の輸入業者は、日本がジャマイカコーヒーの最大輸入国であることを維持してきただけでなく、ジャマイカのコーヒー産業の基幹である地域社会を支え続けてきました。

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーは、その農業的価値以外でも、活気ある観光分野を補完するものでもあります。CWW Japan様がプログラム後半でこの点についてご紹介してくださいます。ジャマイカの多様な観光商品を日本市場に再び紹介する際、コーヒーもその一部であり続けるようにしたいと思っております。

ジャマイカの美しい風景に加え、ジャマイカ料理は人々を魅了してきました。ジャマイカの料理が持つ人を惹きつける力を認識し、ジャマイカ政府は、新しい刺激的な体験を求める目の肥えた日本人旅行者のような潜在的観光客を惹きつけるために、料理の観光(グルメツアー)を利用し続けています。

ジャマイカブルーマウンテンコーヒーの日が、私たちの伝説的なコーヒーブランドの認知度を更に高めてくれ、とても嬉しく思っております。そして、より多くの日本のコーヒー愛飲家に近づく絶好の機会でもあります。皆様は、コーヒーが単なる飲み物ではないことを誰よりもよくご存知でしょう。コーヒーは単なる飲み物ではなく、私たちの日常生活の重要な一部であり、習慣となっています。今日のイベントをきっかけに、ジャマイカブルーマウンテンコーヒーを飲むことを、皆様の習慣の一部にしていただければと思います。そして、 UNESCOの世界遺産であり、コーヒーが栽培される雄大なブルーマウンテン山脈で、皆様にお会いできれば、より尚嬉しいです。

皆様はインフルエンサーであり、食や旅、ライフスタイルのトレンドを発信するメディアであり、日本で流行を作り出すの人たちのお一人です。皆様のストーリー、レビュー、コンテンツは、日本の人々に情報を提供するだけでなく、新しい体験への刺激となっています。本日の体験を通じて、ジャマイカブルーマウンテンコーヒーをより一層好きになっていただければ幸いです...そして、ご協力くださったUCCコーヒーアカデミー様に感謝申し上げます。是非、今日の体験をご友人、ご家族、読者の方にお伝えください。


最後に、2022年8月6日に、ジャマイカは、イギリスから独立60周年を迎えることをお伝えします。このような背景のもと、本日のイベントは、日本でダイヤモンド・ジュビリーを祝う公式なスタートです。

現在60歳のジャマイカは、まだ若い国家であり、発展途上国ですが、祝うべきことはたくさんあります。この重要な節目に、"Re-igniting a Nation(国家再燃) "というテーマのもと、ジャマイカはいろいろな功績を称えるイベントを行う予定です。また、パートナーシップを広げ、持続可能な発展への道筋に繋がるレガシーを確立することを目指します。

ここ日本では、大使館が在日ジャマイカ人コミュニティや日本の様々な機関、そしてジャマイカを支持してくださる多くの日本人と協力し、様々なお祝い活動を企画してまいります。ジャマイカの豊かな歴史と文化、そして1964年の国交樹立以来、ジャマイカの国づくりに日本が積極的に貢献してきて下さったことを紹介するイベントが1年を通して予定されています。

今年が進むにつれ、東京や他県でも、ワクワクするような文化的、社会的、教育的イベントが行われる予定です。皆様、ご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

終わりに、皆様に伝説的でラグジュアリーなジャマイカブルーマウンテンコーヒーを堪能しながら、楽しい午後をお過ごしいただければ幸いでございます!

Mi cahfi, mi cahfi, mi cahfi, mi cahfi
Mi bowl a bwiling cahfi in de mornin’
I cares for none o’ these, de only ting for me
Is mi bowl a bwiling cahfi in de mornin’

It gives me great pleasure to warmly welcome you all to the Embassy of Jamaica in Tokyo, especially our distinguished media representatives! What you have just heard, ladies and gentlemen, is my humble attempt at singing one of Jamaica’s most popular folk songs that speaks about how essential coffee is in our daily lives. But not just any coffee – Jamaica Blue Mountain Coffee (JBMC)!

Today, we have specially invited you to indulge in the legendary luxury that is Jamaica Blue Mountain Coffee: a coffee that is ethically sourced, sustainably harvested and organically grown.

We are particularly delighted that you have joined us to celebrate this precious Jamaican commodity that has been at the heart of Jamaica-Japan relations for almost 70 years. In fact, Japan’s decision four years ago to adopt January 9 as Jamaica Blue Mountain Coffee Day serves as proof of its positive impact on our bilateral relations.

As we celebrate the 4th anniversary of this important day, I would like to extend my appreciation to two (2) partners. First, I must acknowledge the Association of Japanese Importers of Jamaican Coffee (AJIJC) to whom we owe a debt of gratitude for successfully proposing the adoption of this commemorative day. Next, I would like to thank Connect Worldwide (CWW) Japan, Jamaica’s tourism promotion engine in Japan, for their excellent collaboration. Both entities have partnered with the Embassy to create this special Jamaican coffee experience for you this afternoon.

When we speak of Japan’s deep appreciation for our coffee, we often use the term “love affair”. You have just heard from Mr. Mamoru ARAKI, one of the founding members of the AJIJC, who shared the wonderful story of Jamaica Blue Mountain Coffee and its importance to Japan. Thanks to its unique aroma and unmatched taste, our coffee has warmed its way into the hearts of the Japanese. However, it is the unparalleled support of the AJIJC members that has contributed to JBMC’s legendary status as the ‘King of Coffee’.

Most noteworthy is that Jamaica’s coffee trade with Japan is more than an economic relationship. We are especially proud that this trade is a development partnership – with our 5,000 farmers and their communities at the centre. Indeed, over the past 68 years Japanese importers have not only maintained Japan’s place as the largest importer of Jamaican coffee but continue to support the local communities that are the backbone of our coffee industry.

Outside of its agricultural value, Jamaica Blue Mountain Coffee also complements our vibrant tourism sector which CWW Japan will speak about later in the programme. As we seek to reintroduce Jamaica’s diverse tourism offerings to the Japanese market, we want to ensure that coffee remains a part of that experience.

Beyond the captivating beauty of Jamaica’s landscape, the island’s culinary offerings have drawn people to our shores. Recognizing the magnetic pull of our cuisine, the Government of Jamaica continues to use culinary tourism to attract potential visitors like the discerning Japanese travellers who value new and exciting experiences.

We are excited that Jamaica Blue Mountain Coffee Day is bringing greater recognition to our legendary brand. And this presents us with a golden opportunity to reach more coffee enthusiasts in Japan. You know more than anyone else that coffee is not just a beverage. It has become a ritual—an important part of our daily lives. After today’s event, we hope that you will make Jamaica Blue Mountain Coffee a part of your ritual. Better still, we would love to see you in Jamaica exploring the majestic Blue Mountain range—a UNESCO World Heritage Site—where this coffee is grown.

As influencers…as media who cover food, travel and lifestyle trends…you are among the tastemakers of Japan. Your stories, reviews and content not only inform the Japanese public but also inspire them to explore new experiences. It is our hope to today’s immersive experience will leave you even more in love with Jamaica Blue Mountain Coffee…and we thank the UCC Coffee Academy for facilitating it. We hope, too, that you will share what you experienced today with your friends, family and audiences.

Finally, I am pleased to share with you that on 6th August 2022, Jamaica will celebrate its 60th Anniversary of Independence from Great Britain. Against this backdrop, today’s event also doubles as the official launch of our celebratory Diamond Jubilee activities here in Japan.

Now at 60, Jamaica is still a young nation and a developing country, but there is much to celebrate. In recognition of this significant milestone, and under the theme “Re-igniting a Nation”, the country will be undertaking a broad spectrum of activities to celebrate our achievements. We will also seek to establish a legacy that will broaden our partnerships and contribute to a sustainable path of development.

Here in Japan, the Embassy will be organising and facilitating a wide range of activities in collaboration with the Jamaican community in Japan and in partnership with various Japanese institutions, and the many individual Japanese well-wishers. There will be year-long activities to showcase our rich history and culture, as well as the positive contributions of Japan to our nation-building since our countries established diplomatic relations in 1964. 

As the year progresses, there will be a host of exciting cultural, social and educational activities taking place in Tokyo and in other Prefectures. We look forward to your support. In closing, I wish you all a pleasant afternoon with us as we indulge in the legendary and luxurious brew that is Jamaica Blue Mountain Coffee!



ブルーマウンテンコーヒー実演と試飲を担当したUCCアカデミー 土居克郎氏からのコメント。

ショーナ・ケイ・リチャーズ駐日ジャマイカ大使や関係者の方々、またご参加いただいた方に、ブルーマウンテンコーヒーを振る舞う機会をいただき光栄に思っております!

当日、肌寒い気温になる天気予報でしたので、「ジャマイカ文化に触れ、体が少しでも温まっていただけたら」と思いで、ブルーマウンテンコーヒーを使用したコーヒーモクテルもご提供したいと考えました。

寒さで、モクテル実演中ハプニングはありましたが、皆様が温かい目で見守ってくださり、抽出実演で皆様が興味・質問を多くいただき、また、ブルーマウンテンコーヒー/コーヒーモクテルを飲んで「美味しい」と言っていただけ抽出者として嬉しい限りです。貴重な機会をいただきありがとうございます!


後日、いくつかのメディアにも掲載していただきました。


世界文化社MENS EX ONLINEにて掲載。

マガジンハウス Hanako.Tokyo にて掲載。


一覧へ戻る

Back to Top

What's New